金利の安いカードローンで借りる


一枚くらい持っていると、いざという時にとても便利なのがカードローン専用のクレジットカードではないでしょうか。たとえば、一般的な銀行のATMは24時間営業しているところも少ないですが、最近ではコンビニに設置されているATMが提携している銀行であれば、24時間引き落としも可能になってきていいます。

ですので、急に現金が必要になった時や不足してしまった時などには、コンビニで引き落としができるため、安心することができます。ですが、金利や手数料は利用している銀行などによっても異なってきているのは言うまでもありません。つまり、同じように利用できるのであれば、金利が安いカードローンに越したことはないのです。


銀行ローン/カードローンについて調べてみよう

お金のことが気になるのなら、銀行ローンについて調べてみるとよいです。消費者金融や信販会社などでもローンやキャッシングは可能ですが、やはり銀行ローンは安心感があります。 銀行ローンについては審査が厳しいという面もありますが、金利の安さや安心感などを考えると、可能であれば銀行ローンを利用したいものです。 銀行ローンについて検討するときには、目的別のローンがあるかどうかをまずはチェックするとよいです。自動車ローンや住宅ローン、教育ローンや学資ローンなど目的に合わせて利用できるものもあれば、フリーローンが低金利で利用できるものあります。 自分が審査を通るかどうか、金利が安いか、無理のない返済方法がとれるか、などを考えて、自分に合ったローンを選んで利用するとよいです。 目的が特別決まっているわけではないが借り入れをしたいときに利用できるのが銀行カードローンです。カードローンの場合は、利用目的は自由に決めることが できます。個人の信用に従って上限の額を決め、その範囲内であれば、借りたり返したりを繰り返して利用することができます。 銀行カードローンは利便性が高く、使いやすいです。最近はコンビニのATMでも借り入れや返済が可能になってきていますから、便利に使うことができます。金利の設定が低いのも魅力です。 銀行カードローンも借金ですから計画的に利用することが大切です。利便性がよいので使いやすいですが、借金であることに変わりはありませんから、利用するときには注意が必要です。 計画的に利用する分にはお得に利用することができます。繰り上げ返済という方法もとることが出来ます。お金が用意できた時点で繰り上げて返済しておけば、利息を減らす効果を得られます。 返済に充てたために、また借りなければいけなくなるのは本末転倒です。自分の都合のよい範囲内で返済することが大切です。便利に使うことができる銀行カードローンは、いざというときのために、事前に用意しておくのもお勧めです。

失敗から学べたこと

以前クレジットカードを使用し過ぎて返済が滞ってしまったため、カードを1枚利用停止にされてしまったことがあります。ローンを組む、ということは信用が 必要とされます。簡単に借りれるからと言って、調子に乗ってしまうと、今後はどの金融機関もお金を貸してくれなくなります。その当時の私は「ちゃんと返す けどもう少しぐらい待ってくれてもいいじゃないか」などと自分勝手な気持ちしか抱いていませんでしたが、貸し手側の身になってみれば返済期日に貸したお金 が返ってこないなんて、もう貸す気なんておこりません。よくよく考えてみれば当たり前のことです。気軽に借りれるからこそ気軽に考えがちになっていまし た。カード使用停止後、通知がきた時の詳細をじっくり読んでみると、向こう1~2年の間はその会社で新たにクレジットカードを作ることはできない、と書い てありました。「その会社」となっていましたが、おそらくはどこの会社からもしばらくはカードローンの審査に通らないでしょう。いわゆる、「ブラックリス ト」というものに載るのではないでしょうか。しかし、私はこの「カードを使用できなくなってしまった」という事態をあえてポジティブに受け止めることにし ました。まだ1~2年、という期間が終われば作れる可能性があるだけありがたいと思いました。しかし、できることであれば、今後は、今もっている残り1枚 のクレジットカードだけの所持に留めておきたいと思います。今後カードローンの審査に例え通らなかったとしても、それはそれで仕方のないことだと自覚して います。ここをポジティブに考えて「カードローンの審査が通らなければカードを利用する機会が減り、ムダ遣いを無くせる」という考え方をすることにしまし た。きっと現金主義のほうが、お金の大切さを感じることができるので、衝動買いもなくなり、本当に必要だと思うものだけを購入する、といういい方向に向い てくれるのではないでしょか。高額なものが欲しくても、必ず欲しいのなら、必ずお金を貯めてから買う、というように貯めなければ買えないことから「貯金」 する気持ちを芽生えさせてくれました。私はこの経験を無駄にせず、今後は自分の可能な範囲で買い物することを決めました。

信用される事

お金を貸金業者から借りる場合、「信用」が必要になります。その「信用」を確認され、「この人の収入なら返済可能だろう」と判断されると、カードローンの 審査に通ることができるようです。もちろん、仕事をしていない人はカードローンの審査にひっかかります。通ることはできないでしょう。カードローンの審査 の方法は一般に公開されていないものであるため、具体的にどのような条件があり、こうなっていると審査が通る、通らない、など全てはわかりませんが、返済 の見込みがあるのか、という観点で考えていくと、だいたいの予想はできます。先ほど言ったような、仕事をしていない人、そして、以前に借金をしたことがあ り、その返済をしっかりとしていたかどうか、これは信用情報機関で確認されますので、ローンを提供する会社は、貸し手の以前の返済状況などを知ることがで きます。ですので、将来的に住宅ローンを組みたい、などの希望があるのであれば、返済はキッチリしておかないと審査に通らない可能性があるでしょう。信用 情報機関の情報はすごいです。私は以前1枚のキャッシュカードの使用資格を失いました。返済期日にキッチリと返済を出来なかったからです。エステやショッ ピングにはまってしまったばかりに、後払い後払い、とむやみやたらにキャッシュカードを使用してしまい、気が付けば分割にしても月々の返済が追い付かなく なってしまい、カード停止の警告が来てからギリギリの期日で返済をする、ということを繰り返していて、とうとうカード使用停止にまでなってしまいました。 これで私の信用情報はキズがついてしまったでしょう。信用情報機関にも情報が行き、今後は新たにカードを作るのには審査に通らない可能性もあります。以 前、友人がカードローンの審査に通らずに、私に相談してきたことがありました。その友人は、私のように借金があったわけでもなく、収入も普通にあり、カー ドローンの審査にひっかかる、ということは想像もできませんでした。その会社に問い合わせて、何故通らないのか理由を教えてもらおうとしたのですが、理由 はお伝えできない、の一点張りだったそうです。本人なら知る権利はありそうなものですが、何故教えてくれなかったのかは私にもわかりません。「信用」を得 ようとするには、普段の行動にも気をつけなければいけない、ということが身に染みてわかりました。



自分の口座にあるお金を引き落とすのに、金利や手数料がかかってしまうのは、何となく腑に落ちないという方もいるのではないでしょうか。もちろん、カードローンについても同じです。金利は各社で異なってきていますので、いつ利用しても金利の安いカードを利用する方がお得なのは当然です。

以前までは、カードローンに対してあまり良いイメージを抱いていない方も多かったようですが、最近のカードローンは以前に比べても金利が安くなってきていますし、便利な機能や特典なども多くなってきています。

仮に、銀行の口座に手持ちがなくてもカードローンができるものが一枚でもあれば、困った時などには大変重宝します。使っても使わなくても良いわけですから、万が一の時のために、一枚はカードローンができるクレジットカードなどを持っていると良いでしょう。

一番金利が安いカードローンの当サイト 最近記事はこちら↓