キャッシング情報レント・エクセ(仮)


キャッシングとは、端的に言うとお金の借り入れです。そのため、キャッシングをすると家計簿上は負債が生じてしまうことになりますので、嫌遠される方も多くおられます。 

確かに、お金に困っておられない限りはキャッシングの必要性はないと言えます。 しかし、帳簿と実際のお金の流れから考えた場合、キャッシングの必要性が重要視される場合もあります。 

企業の計算などでよく、黒字倒産ということが言われる場合があります。黒字倒産とは、帳簿の計算上は黒字でも実際のお金の支払い時期などが先に来てしまい、お金が回らなくなってしまう状態をいいます。計算上は黒字でも手元にお金がないため、倒産してしまう状態です。

この事態は家計でも当てはまります。給料日が来ることは明らかでも、それまでにお金が手元になくなってしまう状態では今日の食事にも困ってしまいます。 このような場合にキャッシングの必要性があります。必要最小限の借り入れだけをしてお金をうまく回すということです。このことによってお金の流れ、つまりキャッシュフローを良くすることが可能となります。お金の流れが止まってしまうと実際の経済生活が成り立たなくなってしまいます。

実際にキャッシングをされる場合には審査があり、審査を通れば借入ということになります。借り入れの場合には金利や返済期日をしっかりと確認されて可能な限り負担が少なくなる方法を利用することが賢い使い方です。キャッシングを賢く使うことでお金に困ることのない生活を送ることができます。